Webライター

文章が書けない時の対処法【Webライター・ブログにも対応】

文章が書けない時の対処法【Webライター・ブログにも対応】
悩んでいる人
思うように文章が書けないなぁ…。いつもは書けていたんだけど急に書けなくなっちゃった…

 

このような経験はありませんか?

 

本記事では、ライターやブロガー特有の「文章が書けない悩み」について対処法をお伝えします。

 

プロフィール画像

 

本記事の内容

  • 文章が書けなくなる理由
  • 文章が書けるようになる対処法

 

  • Webライティングを始めたけど文章が浮かんでこなくて中々進まない…
  • ブログで記事を書いているけどいつもみたいに書けなくなった…
  • いつもはサクサク文章が書けていたのに急に手が止まるようになった…

こういった状況に陥ってませんか?

 

実は本記事の筆者である僕も同じような経験を何度もしたことがあります。

 

案件の締め切りが迫っているのに全然文章が書けないし、だけど時間は過ぎていくからイライラと不安でさらに書けない…なんてこともありました。

 

こうした、文章を書いている人なら経験してしまう特有の内容について対処法をお伝えします。

 

今回お伝えする対処法で「文章が書けなくなる症状」から確実に抜け出すことができますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

文章が書けなくなる理由2つ

  1. 良い文章を書こうと考えているから
  2. 言葉の在庫が品切れになってしまったから

 

①:良い文章を書こうと考えているから

 

文章が書けなくなってしまう原因の大部分を占めるのが「良い文章を書こうとしているから」です。

 

文章には正しい文法や流れがありますが、良い文章に正解はありません。

 

くだけた文章が良い場面もあれば、正しい文法で書かれた文章が良いケースもあります。

 

良い文章を書こう書こうとすると反対に自分の文章が書けなくなってしまうため、これが原因で筆が進まなくなってしまいます。

 

まずは「良い文章を書こう!」と考えるのをやめてみましょう。

 

②:言葉の在庫が品切れになってしまったから

 

2つ目の文章が書けなくなってしまう原因は「言葉の在庫が品切れになってしまったから」です。

 

少し意味を理解するのが難しいかもしれませんので、わかりやすく言い換えると「頭の中にある言葉のストックがなくなった状態」ということです。

 

通常、言葉というのは自分の経験から身につきます。子供が漢字ドリルで勉強して文字を覚えるように、大人も日常生活をしていく中で自然と色々な言葉を覚えていきます。

 

つまり、これまでに自分が見たり聞いたり、書いたりした言葉が自分の知識となり執筆する際に表に出てきます。

 

文章が書けなくなった時というのは、その身につけた言葉たちを全部使ってしまったので在庫が切れているということになります。

 

たとえば商品棚にあった品物が全部売り切れたとします。裏の在庫を見に行ったら在庫のストックも切れていました。これでは補充することができませんよね。

 

これが、言葉の在庫が品切れになっている状態を示しています。

 

文章が書けるようになる対処法3つ

  1. 殴り書きでもいいから書き出す
  2. リストにまとめてから書いてみる
  3. インプットをして知識を取り入れる

 

①:殴り書きでもいいから書き出す

 

文章が書けない時は、文章を書くのが効果的です。

 

悩んでいる人
え?文章が書けないから困ってるんだけど…
はい、もちろん理解してこの対処法を伝えてますよ
イス

 

意味がわからないと思いますが、とにかく文章を殴り書きでもいいので書き出してみましょう。また、この時に意識してほしいのは「良い文章を書こうとしないこと」です。

 

文章を綺麗にまとめるのは後でもできるので、文法や表現にこだわらず思いつくままに書き出します。

 

ある程度書き出せたら、書き出した文章をまとめる作業に移りましょう。すると良い文章が出来上がりますよ。

 

一手間増えてしまいますが、文章が書けない時には有効な方法ですので実践してみてください。

 

②:リストにまとめてから書いてみる

 

つづいての対処法は「リストにまとめてから書いてみる」方法です。

 

文章が書けない時は、何を書けば良いのかわからない場面に陥っているケースが多いです。

 

そんな時はまず情報を一度整理して、今回の執筆において「書くことリスト」を先に作ってみましょう。

 

たとえば「美味しいチャーハンの作り方」というタイトルで記事を書くとしましょう。すると下のようなリストアップができると思います。

 

  1. フライパンは先に温めておく
  2. 油は多めにひく
  3. 卵を先に炒める
  4. 具材を入れて炒める
  5. ご飯は温かいものを使う
  6. 強火でテンポ良く炒める

ざっと書き出しただけですが、6つのリストが出来上がりました。あとは順番にリストの詳細を説明していくだけで文章が完成します。

 

シンプルかつ誰にでも実践できる方法ですので、文章が書けずに悩んでいる人はリストアップしてから本文を書くようにしてみてください。

 

③:インプットをして知識を取り入れる

 

僕自身が実践していて一番効果を感じる方法が「インプットをして知識を取り入れる」方法です。

 

文章が書けない時というのは、言葉のストックを使い切ってしまっていて在庫がなくなっているとお伝えしました。

 

ということは、在庫を補充すればまた文章が書けるようになります。

 

一見効果が薄いように感じるかもしれませんが、実は効果抜群でしてインプットをすると途端に文章のひらめきが起こります。

 

僕も文章が浮かばずに書けなくなることはしょっちゅうありますが、そんな時には本を読んだり、色々な人の記事を読んだりして知識を取り入れています。

 

ライティングに関してのおすすめ本については、下記記事にてまとめているので参考にしてみてください。

≫ Webライター初心者向けおすすめ本8冊【高評価厳選】

 

まとめ

 

文章が書けない時の対処法について解説しました。

 

対処法を知っておけば、いざ文章が書けなくなっても焦ることなく対処ができますので、今回お伝えした内容を実践してみてください。

 

人気記事

≫「ブログの文章が苦手」を一瞬で克服する魔法【初心者でもプロに】

≫ Webライターで月3万円を達成する方法【消耗しない記事の書き方+α】

≫【19記事まとめ・保存版】ブログ初心者が月1万円稼ぐまでのロードマップ

  • この記事を書いた人

イスさん

34歳で脱サラしフリーランスへ転身 | 7ヶ月で月収60万を達成したWebライターの始め方・ブログの悩みや疑問をわかりやすく解説しています | 挑戦は何歳からでも遅くない

-Webライター