Webライター

Webライターがきついと言われる理由5つ【乗り越える方法あります】

Webライターがきついと言われる理由5つ【乗り越える方法あります】
悩んでいる人
Webライターって実際どうなんですか?挑戦してみようかと思ってるんですけど、きついって聞いて迷ってます。

 

本記事では、このようなお悩みについてお答えします。

 

プロフィール画像

 

本記事の内容

  • Webライターがきついと言われる理由5つ
  • Webライターのきつい時期を乗り越える方法3つ
  • Webライターとしてきつい時期を乗り越えると見える景色

 

在宅ワークや副業として人気のWebライターですが、実はある理由できついと言われることがあります。

 

その理由を、Webライターを本業としている僕が簡潔に伝えますので、ライターに挑戦しようと考えている人は参考にしてみてくださいね。

 

Webライターがきついと言われる理由5つ

  1. 低単価案件で消耗してしまう
  2. 案件に通らない
  3. 文章が上手に書けない
  4. リサーチが大変
  5. 修正が大変

 

①:低単価案件で消耗してしまう

 

Webライターの案件は「文字単価」や「記事単価」で報酬が決められています。1文字1円や1記事で3,000円など、条件は様々です。

 

初心者で経験が浅くスキルがないうちは低単価の案件を受けることが多いため、これが原因できついと感じる人が多いです。

 

たとえば、1文字0.1円の文字単価で5,000文字の案件を受けたとすると報酬は500円です。

 

初心者がWebライティングで5,000文字執筆すると、時間はおおよそ10時間くらいかかるでしょう。時給に直すと50円です。どうでしょうか?割に合わない仕事のような気がして、急にきつく感じますよね。

 

これが、低単価案件で消耗してきついと感じる原因のひとつです。

 

②:案件に通らない

 

Webライターの案件は、クラウドソーシングサービスに登録をして応募するか、企業のホームページから直接応募をするような形で仕事を獲得します。

 

案件を獲得できないと仕事ができませんから、もちろんその間は収入がありません。

 

中には何度案件に応募しても合格することができず、これが原因で諦めてしまう人も多いようです。

 

③:文章が上手に書けない

 

いざ案件を受注できたのはいいものの、上手に文章が書けなくてきついと感じる人もいます。

 

普段自分が精通しているコンテンツや趣味に関することであれば初心者でもサクッと文章が書けますが、Webライティングの場合は様々なジャンルの文章を書くため手が止まってしまうことが多々あります。

 

またクライアント(仕事を発注する側の人)によっては、記事執筆時の指定があり

  • ですます調で
  • 一文は80文字以内
  • 同じ語尾表現を続けない

などのルールを設けている場合があります。

 

こうした、普段から文章を書き慣れていないとルールに対応するのがきついと感じる人もいます。

 

④:リサーチが大変

 

Webライティングでは自分が知らないジャンルの記事を執筆する機会もあります。

 

こうした時にはネットで情報収集をして正確な内容の記事を書く必要があるので、リサーチ時間が長くかかるケースが考えられます。

 

すると記事の執筆よりもリサーチ時間が多くなり、本来の記事執筆が進まずにつらいと感じる人がいます。

 

記事の執筆とリサーチは、まったく別の能力が必要になるので合わない人は苦行のように感じるようです。

 

⑤:修正が大変

 

Webライティングで案件を受注し、記事が完成したらクライアントに提出します。

 

問題がなければライティングの報酬をいただけますが、記事に問題があると修正依頼が届くことがあります。

 

たとえば

  • 文章表現の修正
  • 提出画像の修正
  • 記号や句読点の修正

など修正依頼は案件よって様々です。

 

きちんと修正をして再提出すれば問題はありませんが、修正をすることは単純に作業量が増えることを意味します。

 

一度完成した物を再度見直しますので、言ってしまえば余分な力を使うことになります。

 

こうした修正依頼を何度も経験すると、きついと感じてWebライターを辞めてしまう人もいます。

 

それでは、どうしたらWebライターとしてきつい時期を乗り越えていけばいいのか気になりますよね。

 

次の項目にて、きつい時期を乗り越える方法について紹介しますね

 

Webライターのきつい時期を乗り越える方法3つ

  1. 低単価案件ばかりに応募しない
  2. 勉強をして自分の価値を高める
  3. 得意なジャンルに特化する

 

①:低単価案件ばかりに応募しない

 

多くの人がきついと感じるのは、報酬金額が低くまとまった収入にならないことが原因です。

 

そこで大事な対処法は「低単価案件ばかりに応募しない」ことでして、なるべく文字単価1円以上の案件へ応募するようにしましょう。

 

Webライティング界隈での文字単価1円は、アルバイトの時給1,000円と同等と考えてもらうとわかりやすいと思います。

 

時給1,000円なら少しきつくても、頑張って続けることができそうですよね。

 

②:勉強をして自分の価値を高める

 

Webライティングにおいて必要なものは「ライティングスキル」です。

 

つまり文章を書く能力が優れている人ほど、案件を多く獲得できたり高単価の案件を受注したりします。

 

そのためには勉強が必須でして、勉強をおろそかにすると市場での価値を高めることができません。

 

では、どうやって勉強をすればいいのかと考えると思いますが、答えはシンプルで書籍を読むことです。

 

Webライティングに特化した書籍や文章術にフォーカスを当てた書籍があるので、これらを読み実践することで自分の価値を高めることができます。

 

個人的におすすめの書籍を紹介しておきますので、興味がある方は手にとって学習してみてください。

 

沈黙のWebライティング

沈黙のWebライティングは、Webライティングの基礎〜応用を学べる一冊です。

 

Webライティングは書き方のクセみたいなものがあるので、未経験でスタートする時に難しく感じる場面が出てくるかもしれません。

 

そうした時に先に読んでおくと、Webライターを始める際に役立ちますのでぜひ手に取ってみてください。

 

新しい文章力の教室

新しい文章力の教室は「文章を正しく伝えるための書き方」を記した一冊です。

 

本を読むのが苦手な人でも読めるように、1ページごとに完結して説明されているので、どのページから読んでもOKですよ。

 

Webライターとして頑張っていくぞ!と本気の方は2冊一緒に読んでおくとグッドです
イス

 

③:得意なジャンルに特化する

 

つらい時というのは、興味がない記事を書いてい時がほとんどです。

 

なので、自分が得意なジャンルや興味があるジャンルに特化して執筆をすると良いですよ。

 

たとえば株やFX、仮想通貨などにまったく興味がないのに「株で上手に資産運用をする方法」の記事を書けと言われてもなかなか難しいですよね。

 

それなら自分が得意なジャンルに絞って記事を執筆しましょう。これだけでつらいと感じる場面はほとんどなくなるはずです。

 

またジャンルに特化して執筆することで、文字単価を上げることもできるようになりますので、収入があがる可能性もありますよ。

 

Webライターとしてきつい時期を乗り越えると見える景色

  1. 労働時間が減り収入が増える
  2. 良案件の依頼が舞い込んでくる
  3. 生活が安定してストレスフリーになる

 

①:労働時間が減り収入が増える

 

Webライターとしてきつい時期を乗り越えると、真っ先に訪れるのが「労働時間の減少と収入の増加」です。

 

単価の高い案件をいくつかこなすだけで、会社員の給料と同じくらい稼ぐことも可能になってきます。

 

実際に僕の例をあげてみると、労働時間は会社員時代の半分で一日3〜4時間ほど、収入は新卒会社員と同じくらいを稼いでいます。

 

コツコツと実績を積み上げて継続することで、誰にでもこのような未来がありますよ
イス

 

②:良案件の依頼が舞い込んでくる

 

案件をいくつも受けて、色々な人と交流を持つと案件の依頼が舞い込んでくることがありまして、こうした時はチャンスです。

 

なぜなら、あなたの実力を認めて案件を依頼してきていますので、ほとんどの場合条件が良いことが多いからです。

 

つらい時期を乗り越えることで、こうした出会いもありますから少しきつくても努力を継続してみましょう。

 

③:生活が安定してストレスフリーになる

 

単純につらい時期を乗り越えると、ストレスフリーな生活へと変化していきます。

 

たとえば、僕の場合は会社員を脱サラしてフリーランスになりましたが、変わったことは

  • 目覚ましなしで起床
  • 満員電車に乗らなくていい
  • 嫌いな上司に会わなくていい
  • やりたくない仕事をしなくてもいい
  • 好きな時に寝て、好きな時に仕事をしていい

など、こういった環境に変わりました。

 

では、副業でWebライターをやろうとしている人が稼げるとどうなるでしょうか?

  • 毎月数万円の収入
  • 好きなことにお金が使える
  • 収入が増えるので精神的に安定する

こういったことが考えられます。

 

Webライターは最初の一歩が不安で大変かもしれませんが、つらい時期を乗り越えると楽しい未来が待っていますよ。

≫【完全初心者向け】Webライターの始め方6ステップ!【現役が解説】

 

まとめ

 

Webライターがきついと言われる理由5つを紹介しました。

 

きつくなってしまう理由を知っておけば事前に対処することが可能になりますから、今回お伝えした内容を前提知識としてインプットしておいてくださいね。

 

人気記事

≫ 未経験からWebライターに転職して月1万円稼ぐ方法

≫ Webライターで月3万円を達成する方法【消耗しない記事の書き方+α】

  • この記事を書いた人

イスさん

34歳で脱サラしフリーランスへ転身 | 7ヶ月で月収60万を達成したWebライターの始め方・ブログの悩みや疑問をわかりやすく解説しています | 挑戦は何歳からでも遅くない

-Webライター