Webライター

未経験からWebライターに転職して月1万円稼ぐ方法

2022年4月24日

未経験からWebライターに転職して月1万円稼ぐ方法
悩んでいる人
未経験からWebライターに転職して月1万円稼ぐことはできますか?どうやって稼げばいいのか教えてほしいです。

 

本記事では、このような疑問についてお答えします。

 

プロフィール画像

 

本記事の内容

  • Webライターの仕事内容について
  • Webライターを始める手順
  • Webライターで月1万円稼ぐ方法

 

結論からお伝えすると、未経験からWebライターで月1万円は誰でも達成することができます。

 

ぶっちゃけると、物量をこなせばサクッといけますが、本記事ではそういった「消耗して稼ぐ方法」はお伝えしません。

 

それよりも「できるだけ楽に効率よく稼ぐ方法」にフォーカスしてお伝えしますので、未経験からWebライターを目指す方は参考にしてみてください。

 

参考までに僕のこれまでの収益を載せておきますね。

【Webライター収益報告】
12月 30,000円
1月 30,000円
2月 30,000円
3月 5,000円
4月 85,000円
5月 125,000円
念願の6桁達成できました
34歳で脱サラして不安だったけど頑張って良かった

Webライターの仕事内容とは?何を書くの?

 

はじめに、Webライターの仕事内容についてサクッとご紹介します。

 

Webライターとは、名前の通りWeb(ネット)専門のライターでして、インターネット上に公開される記事を書くことが、Webライターのおもな仕事です。

 

イマイチイメージが湧かない方は下の画像を見てください。

こちらは「ハレダス」という、働くことに関する記事を公開しているメディアです。

 

上の画像は「ホワイト企業に転職する方法」と調べたらでてきたのですが、この記事を下の方までスクロールしていくと、記事の筆者情報があります。

 

記事を執筆されたのは、HAKUさんという方で、フリーランスでライティングをされているみたいです。

 

ネット上にある記事は、こういった感じでフリーランスの方が記事を書いたり、会社員のかたわらでWebライターをされている人がたくさんいます。

 

また、Webライターが書く記事は色々な種類があります。

  • 転職
  • 投資
  • スポーツ

など、すべてのジャンルにWebライターがいると思ってもらっていいです。

 

Webライターの仕事内容がなんとなくわかっていただけたと思うので、続いて始め方の解説に移ります。

 

未経験からWebライターを始めるにはどうするの?

 

Webライターの始め方は、シンプルです。

 

  1. 文字が打てるパソコンを用意する
  2. Webライティングの勉強をする
  3. 案件に応募をする

 

上記のように3ステップで簡単にスタートできます。

 

とはいえ、未経験から始める人は、どうやってWebライティングを勉強して、案件に応募をすればいいのか分からない人もいると思います。

 

まず、Webライティングに必要な書き方を勉強するのに必要な本は、以下の2冊だけ読めばOKです。

 

沈黙のWebライティング

沈黙のWebライティングは、Webライティングの基礎を勉強するのに最適な一冊です。

 

読み初めは少し難しく感じる場面が出てくるかもしれませんが、チャプターごとに要点をまとめたポイントの解説があるので、しっかり理解した上で最後まで読むことができますよ。

 

新しい文章力の教室

新しい文章力の教室は、文章を正しく分かりやすく執筆する方法について記載されています。

 

一見堅苦しそうな本に見えますが、完全初心者が読んでも100%理解できるように書かれています。

 

例文を1ページごとに解説しているので、最初のページから順番に読まなくても読み進められるタイプの書籍です。

 

書籍を読み終えたら案件に応募しよう

 

本を読み終えたらさっそく案件に応募しましょう。

 

以下のクラウドソーシングサイトへ登録をするか、Twitterでアカウントを作成して案件募集をしている人にアプローチしてみましょう。

 

 

案件への応募に躊躇してしまって、一歩が踏み出せないという人は、この先の「得意ジャンルに応募する」の項目で解決策をお伝えしますのでご覧ください。

 

未経験から転職してWebライターで月1万円稼ぐための【3ステップ】

 

さて、本題のWebライターで月1万円稼ぐ方法について解説します。

 

記事の冒頭で「物量をこなせば誰でも達成できる」とお伝えしていますが、物量をこなすと時間がかかり、体力も消耗するので個人的にはあまりおすすめしません。

 

なぜなら、お金を稼ぐなら、なるべく楽をして短時間で稼げた方が効率が良いし、体力も消耗しないからです。

 

楽して稼ぐことは悪いことではありませんから、これからWebライターを始める方は出来るだけ楽をして稼ぐことを念頭に始めてください。

 

月1万円を稼ぐ方法は以下の手順で進めましょう。

 

  1. ポートフォリオを作成する
  2. 得意ジャンルに応募する
  3. 納品時に提案する

 

ポートフォリオを作成する

 

ポートフォリオとは、いわゆる「あなたの実績や力量がわかる作品」のことを指します。

 

Webライターで言えば「自分自身で執筆した記事」がこれを意味しますので、いくつか記事を書いておきましょう。

 

とはいえ「どこに、なんの記事を書けばいいの?」と悩んでしまうと思いますので、おすすめの方法を2つお伝えします。

 

おすすめのポートフォリオ作成方法

  • noteに登録して記事を公開する
  • WordPressでブログを作成し記事を公開する

 

noteに登録して記事を公開する

 

noteは誰でも無料で文章を投稿して、コンテンツを作成できるメディアプラットフォームです。

 

つまり、自分の書いた記事を公開して他の人に見てもらうことができます。

 

イメージとしては、自分が執筆した記事を図書館に無料で置かせてもらえる感じに近いですね。

 

執筆した記事は、いつでも編集・削除が自由にできますので、おすすめですよ。

 

書く記事に関しては、自分の趣味や得意なことなどを具体的に記載しておくと良いです。

≫ noteでポートフォリオを作成する

 

WordPressでブログを作成し記事を公開する

 

WordPressでブログを作成して、そこに記事を公開する方法です。

 

Webライターの案件では「WordPressに直接記事を書いてほしい」という条件があることが多いです。

 

つまり、WordPressが使えることで他の応募者より一歩リードすることができますので、WordPressでポートフォリオを作成する方が断然おすすめです。

 

WordPress自体は無料で利用できますが、記事を公開するためにサーバーとドメインの登録が必要になります。

 

月額500円〜1,000円ほどで登録できるので、月1万円を目指すための初期投資としてWordPressでポートフォリオを作成するのもありですよ。

 

WordPressの開設方法は下記記事でわかりやすくご紹介していますので、参考に進めてみてください。

≫【失敗しない】WordPressブログの始め方を超シンプルに解説

 

得意ジャンルに応募する

 

ポートフォリオの作成が完了したら、得意ジャンルの案件に応募しましょう。

 

いきなり応募するの?と思われそうですが、その通りです。いいな、と思う案件が見つかったら悩む前にすぐ応募してください。

 

Webライター未経験の方で、よくつまずいてしまうのが「案件への応募」でして

  • 自分が応募してもいいのか
  • 失敗したらどうしよう

と、悩んでしまい先に進めない方が多いです。

 

このままですと、一生稼げませんし、月1万円稼ぐまでに莫大な時間を無駄にしてしまいます。

 

なので、サクッと応募してください。で、受かったら記事を書いて納品する。これだけです。シンプルですよね。

 

案件へ応募しないと何も始まらないし、たとえミスしても怒られたり馬鹿にされたりすることはありません。

 

一部、クライアントから「フィードバック」と呼ばれる、記事への指摘(誤字脱字や表現の違い)をされることがありますが、これはほぼ100%あるので、落ち込む必要なしです。

 

納品時に提案する

 

納品が完了したら、続けて発注者に案件の追加提案をしてみてください。

 

あなたの実力や力量が認められると、続けて案件の依頼をお願いされることがあります。

 

「また新しく案件を探してそっちに応募すればいいのでは?」と考える方もいると思いますが、同じ発注者から案件を継続していただいたほうが良い理由があります。

 

なぜなら

  • 新しくレギュレーション(執筆ルール)を覚えなくていい
  • 一度やり取りしているので安心感がある
  • 初めに作成した記事の構成を再利用できる

などの利点があるからです。

 

効率良く1万円を目指すには、なるべく同じ発注者から依頼を受けることを意識してみてください。

 

すると気づいた時には、月1万円の収益を達成しているはずですよ。

 

まとめ:未経験からでもWebライターで月1万円は可能!

 

未経験からWebライターに転職して月1万円稼ぐ方法について解説しました。

 

Webライターは、自分自身がこなした分だけ報酬として返ってきますので、在宅で自分の好きなタイミングで働きたい人にはピッタリの仕事でもあります。

 

Webライターを始めようと思う人は多いですが、実際に行動に移す人はほとんどいません。

 

本記事を最後まで読んでいただいているということは、挑戦する気持ちがありますよね。

 

いつでも始めることはできますが、今始めるのがベストタイミングですので、行動に移してみましょう。

≫【完全初心者向け】Webライターの始め方6ステップ!【現役が解説】

  • この記事を書いた人

イスさん

34歳で脱サラしフリーランスへ転身 | 7ヶ月で月収60万を達成したWebライターの始め方・ブログの悩みや疑問をわかりやすく解説しています | 挑戦は何歳からでも遅くない

-Webライター