ブログ ブログの悩み

ブログで稼げないならWEBライターにトライしてみてほしい話。

悩んでいる人

  • 副業でブログをはじめたけど全然稼げません
  • 文章で稼ぐ方法って他にないですか
  • ブログを続けながらでも稼げる方法教えてほしいです

 

本記事では、このようなお悩みについて解説します。

 

筆者の情報

  • 2020年9月ブログスタート
  • 最高収益月1.3万円
  • 30代のフリーランスブロガー

 

副業でブログをはじめたもののアフィリエイトは成約しないし、アドセンスも1ヶ月で数十円、数百円…まったく稼げません。辛いです(泣)

 

確かに、こんなに頑張っているのに何で収益があがらないの?と思うその気持ちメチャクチャ共感です。

 

何ヶ月も収益があがらないとモチベーションも下がるし、続ける意味あるのかな〜とか色々考えちゃいますよね。

 

そこで今回お伝えしたいのが「WEBライター」です。

 

ブログで得た知識や経験を活かして効率よく稼ぐことができるので、まだ成果をあげられないブロガーにとってピッタリの副業でもあります。

 

ということで、前置きが長くなりましたが今回の内容をお伝えしていきますね!

 

WEBライターとは

WEBライターとは

WEBライターとは、WEBサイト、インターネット上の文章を書く人です。

 

新聞や雑誌などの紙媒体とは違い、WEB上のみで文章を書くため時間や働く場所にとらわないので自由度の高い職種でもあります。

 

WEBライターの仕事内容や資格・スキルについて

WEBライターの仕事内容や資格・スキルについて

WEBライターの仕事内容

 

WEBライターの主な仕事は、企業やWEBメディアが掲載する記事の執筆やコラム、広告の文章など多岐にわたります。

 

仕事自体は企業と直接提携し寄稿するか、フリーランスとして個人で受注して請け負うかの2種類です。

 

WEBライターに必要な資格

 

WEBライターに必要な資格はありません。

 

「文章を書くこと」が仕事ですので、基本的には誰でもWEBライターになることができます。

 

仮にあなたが文章を今まで書いたことがなくても、今日からWEBライターになることが可能です。

 

WEBライターに必要なスキル

 

WEBライターに必要なスキルは以下の3つです。

 

  • リサーチスキル
  • 物事を正確に伝えるスキル
  • 第三者目線で考えるスキル

 

ひとつずつチャチャっと解説しますね。

 

リサーチスキル

 

案件にもよりますが、自分が経験したことのないジャンルや分野の記事を執筆をすることもあります。

 

その際に必要なのが「リサーチスキル」です。

 

正しい情報を伝えるためには、なじみの無いことでもしっかりと調べて情報に不備がないか、補えることはないか、など綿密なリサーチが必要です。

 

物事を正確に伝えるスキル

 

リサーチを終えた後は、いざ文章にしなければなりませんが、そのさいに必要なスキルが「物事を正確に伝えるスキル」です。

 

ただ文章を書くだけなら誰にでもできますが、物事を正確にわかりやすく伝えるには少しばかりスキルが必要です。

 

一般的に「小学生が読んでも理解できる文章」が書けると良いとされています。

 

第三者目線で考えるスキル

 

いちばん難しく、少し経験が必要なスキルが「第三者目線で考えるスキル」です。

 

WEBライターの仕事は「読者が何を知りたいか読み取り、文章を書くこと」が基本です。

 

つまり、自分勝手に好き放題に文章を書くことがWEBライターではないのです。

 

文章を届けるターゲットを明確にイメージし、その人に刺さる文章を書く。これが出来ると文章の質がグッとあがり良い記事に仕上がります。

 

WEBライターに向いている人ってどんな人?

WEBライターに向いている人ってどんな人?

WEBライターに向いている人は以下のような人です。

 

  • ブログを書いている
  • 文章を書くことが好き
  • 人に教えることが好き

 

WEBライターは、常に文章と向き合う仕事です。

 

日常的にブログを書いている人や、文章を書くことが好きな人、人に何かを教えることが好きな人はWEBライターに向いているといってもいいでしょう。

 

ブログで稼げない人こそWEBライターにトライしてほしい

ブログで稼げない人こそWEBライターにトライしてほしい

副業ブログを始めたけど、まだ思うような結果が出ていないなら、WEBライターにぜひトライしてほしいです。

 

なぜならブログは簡単に稼げない、いつ収益があがるかわからない、結果をだすには継続が必須、の三重苦です。

 

しかし、ブログで稼げなくても、WEBライターで記事の執筆をすれば確実に収入が得られます。

 

ブログで稼げるようになるまでの期間、WEBライターとしても活動し、文章力を鍛えつつ収入が得られれば最高じゃないですか?

 

まさに一石二鳥ですよね。

 

実際どのくらい稼げるのか気になると思うので、この後に僕の事例をお伝えしますね。

 

実際にWEBライターやってみました(収入事例公開)

実際にWEBライターやってみました(収入実績公開)

僕自身が実際にWEBライターとして記事の執筆をしたときの収入事例を公開します。

 

受注した案件

案件:WordPressテーマのランキング記事作成

記事数:1記事

文字単価:1文字1円

必要文字数:3,500〜4,000文字

画像選定:あり(5枚程度)

納期:3日以内

報酬:4,125円

 

上記の内容で案件を受注して納品しました。

 

WEBライターの収入

収入実績公開

 

記事の執筆は、おおよそ2時間くらいで終わったので、時給2,000円ちょいという感じです。

 

ブログを始めて4ヶ月目の時に受注できたので、ブログ歴が浅くても問題なく仕事は取れますよ!
イス

 

さらにブログをポートフォリオとしてPRできるのでブロガーはかなり有利。

 

手堅く収入を得るなら、WEBライターが最適です。

 

WEBライターとして活動できるサイトのご紹介

WEBライターとして活動できるサイトのご紹介

Lancers(ランサーズ)

Lancers(ランサーズ)

満足度No.1のクラウドソーシングサイトの「ランサーズ」

WEBライターの案件が多く揃っており、単価低めの簡単な案件から高単価の案件までさまざまです。


Lancers(ランサーズ)

 

Craudia(クラウディア)

Craudia(クラウディア)

日本最大級のクラウドソーシングサイト「クラウディア」

高単価案件が多い印象。案件の難易度が3段階に分かれているので利用しやすいです。

手数料が業界最安値の3%〜なので、報酬額から大きく引かれないのが地味に嬉しいです。

Craudiaクラウディア

 

CrowdWorks(クラウドワークス)

CrowdWorks(クラウドワークス)

国内最大手のクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」

登録ユーザー数440万人以上、仕事発注数570万件以上のマンモスサイトです。(※2021年7月現在)

ランサーズに並び案件が多く、高単価案件も多数あります。

CrowdWorks(クラウドワークス)

 

Bizseek(ビズシーク)

Bizseek(ビズシーク)

2013年スタートの比較的新しいクラウドソーシングサイト「Bizseek」

スタートして間もないため案件の少なさが目立ちますが、逆に登録するユーザーが少ない今がチャンスとも言えます。

先行者利益を得るには早めのスタートが大事です。

Bizseek

 

まとめ

 

WEBライターでブログの稼げない期間を補う方法についてお伝えしました。

 

正直な話、まったく成果が出ないブログを続けるためのモチベーションを保つのは結構大変です。

 

その点、WEBライターは案件をこなせば確実に報酬がもらえるし、文章力も鍛えられます。

 

ブロガーにとっては、まさに一石二鳥ですので、ぜひトライしてみてください。

 

おわります。

  • この記事を書いた人

イスさん

会社員10年超え→脱サラ→2021年8月にフリーランスへ転身 | ブログの疑問や悩みを解決できる情報をお伝えしています | 長野県出身 | 30代

-ブログ, ブログの悩み