ブログ ブログの始め方

【画像16枚で解説】WordPressにGoogleアナリティクスを設定する方法!【2021年】

Googleアナリティクスの設定方法
悩んでいる人
WordPressにGoogleアナリティクスを設定する方法が知りたいです

 

本記事では、このようなお悩みについて解説します。

 

この記事を書いた人

  • イスさん。ブログ1年目。記事執筆数180本以上
  • 2ブログ運営・ブログ副業収益9.4万円
  • ブロガー・Webライターとして活動
  • 詳しいプロフィールはこちら / Twitter:@istblog1

 

本記事の信頼性

  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)保有者が解説
  • 2つのサイトでGoogleアナリティクスの設定経験を持つ筆者が解説

 

それでは、さっそく解説していきます。

 

WordPressにGoogleアナリティクスを設定する方法

WordPressにGoogleアナリティクスを設定する方法

 

Googleアナリティクスの登録する手順は、以下の3ステップで完了できます。

 

  1. Googleアナリティクスに登録する
  2. WordPressにトラッキング設定する
  3. 計測できているか確認する

 

ひとつずつ順番に解説していきます。

 

①:Googleアナリティクスに登録する

 

はじめにGoogleアナリティクスへの登録が必要ですので、公式サイトにアクセスします。

≫ Googleアナリティクス公式サイト

※クリックすると新しいタブで開きます

 

Googleアカウントをまだ作成していない方は、ログイン画面が表示されるので新規作成をしましょう。

 

すでにお持ちの方は、そのままログインしてください。

Googleアカウントの作成

 

測定を開始」をクリックして進みます。

 

グーグルアナリティクスログイン画面

 

アカウント設定画面に移動しますので、アカウント名を入力して次へ進みます。(アカウント名はなんでもOKです)

 

グーグルアナリティクスの設定

 

続いて、プロパティの設定を下記のようにしましょう。

 

  • プロパティ名:ブログサイト名などでOK
  • レポートのタイムゾーン:日本を選択
  • 通貨:日本円を選択

 

3つ設定ができたら「詳細オプションを表示」をクリックしてください。

 

プロパティの設定

 

詳細オプションを表示させたら以下のように設定しましょう。

  • ウェブサイトのURL:SSL化している場合は「https://」を選択してブログサイトのURLを入力(当ブログからエックスサーバーで開設された方はSSL化されているので「https://」を選び入力してください)
  • 「ユニバーサルアナリティクスのプロパティを作成する」にチェックをいれる

 

詳細オプションの設定

 

それぞれ入力できましたら、次へ進みましょう。

 

ビジネス情報を入力する項目がでてきますので、業種や規模などを選択していきましょう。

ビジネス情報の設定

作成を押したら登録完了です。

 

②:WordPressにトラッキング設定する

 

続いて、WordPressとGoogleアナリティクスを紐付けする設定をおこないます。

紐付けが完了すると、「自分のサイトにアクセスがされているか」の確認ができるようになります。

 

Googleアナリティクスの画面より「管理」-「プロパティ設定」の順に進みトラッキングIDをコピーします。(UA-数字の部分すべてをコピー)

トラッキングIDの設定

 

WordPressテーマを使用した設定方法

 

当ブログでは「AFFINGER6」を使用していますので、こちらを例に進めていきます。

 

AFFINGER6管理」-「Google連携/広告」の順に進むと黄色枠で囲んでいるとこに「アナリティクスコード(トラッキングID)」という入力欄があります。

 

こちらに先ほどコピーした、「UA-数字」を貼り付けて保存しましょう。

AFFINGERのトラッキングIDの設定

 

保存した後に「現在のトラッキングID」と表示されていればOKです。

 

これで、WordPressにGoogleアナリティクスを設定することができました。

 

③:計測できているか確認する

 

それでは、実際にGoogleアナリティクスの設定ができているか確認してみましょう。

 

Googleアナリティクスのホーム画面を開いたら、自分のサイトにアクセスします。

 

すると「アクティブユーザーのリアルタイム」に「1」と表示されるはずです。

 

「1=あなたがサイトにアクセスしている」という状況ですので、しっかり計測できていることがわかりますね。

計測確認画面

 

もし計測されない場合は、もう一度はじめから設定を試してみてください。

 

僕は「UA-数字」の最後の数字がコピぺできていなくて、計測がしっかりされないミスをしたことがあります。こういったケアレスミスもありますので、手順通りにひとつずつ進めていただければきっと大丈夫です
イス

 

それでは、自分のアクセスでGoogleアナリティクスの設定が確認できましたら、「自分のアクセスを除外する」設定をしましょう。

 

悩んでいる人
なんで自分のアクセスを除外するの?
正確なデータが取れないからだよ
イス

 

Googleアナリティクスは、アクセスされたデータを元にサイトの改善箇所を分析するツールです。

 

しかし、自分のアクセスを毎回カウントしてしまうと、正確なデータが取れなくなってしまうため除外する必要があります。

 

自分のアクセスを除外する設定はGoogleアナリティクスで自分を除外する方法【PCスマホもOK】にて解説していますので、あわせて確認しておいてください。

Googleアナリティクス除外方法
Googleアナリティクスで自分を除外する方法【PCスマホもOK】

続きを見る

 

Googleアナリティクスで大事な解析項目4ヶ所

Googleアナリティクスで大事な解析項目4ヶ所

 

それでは、Googleアナリティクスで解析する際に、大事な解析項目4ヶ所を説明します。

 

  1. ユーザー数の確認
  2. ページビューの確認
  3. 平均セッション時間の確認
  4. 直帰率の確認

 

①:ユーザー数の確認

ユーザー数の確認

ユーザー数は、「あなたのサイトに訪れた人の数」です。

 

ちなみに、同じ人が何回サイトに訪れてもユーザー数は「1」です。

 

②:ページビューの確認

ページビュー数

ページビュー数は、ページが読みこみされた回数のことです。

 

ページビュー数は「読み込んだ回数」で1カウントされるので、たとえば同じ人が2ページ読み込んだ場合「2」となります。

 

③:平均セッション時間の確認

平均セッション時間

平均セッション時間は、「サイトの滞在時間」を示しています。

 

たとえば「1:00」となっている場合は、サイトに訪れた人が「平均で1分間滞在している」ということになります。

 

④:直帰率の確認

直帰率

直帰率は、サイトに訪問した後に、他のページを見ずに離脱した人の割合です。

 

はじめのうちは、直帰率を理解するのに時間がかかるかもしれません。

 

直帰率をツイッターにて詳しく解説したので、こちらのツイートもあわせて見てもらうと、理解度があがると思います
イス

 

Googleアナリティクスをサイト運営に活かす【収益化するためのコツ】

Googleアナリティクスをサイト運営に活かす【収益化するためのコツ】

 

Googleアナリティクスの大事な解析箇所をお伝えしましたが、続いてサイト運営をしていくうえで「ここを見て改善するといいですよ」という項目をお伝えしていきます。

 

①:リライトする時にチェック

行動ページの見方

※Googleの規約違反になるため、塗りつぶし項目が多くてすみませんm(_ _)m

 

はじめに、右上の解析するデータの期間を前月1ヶ月に設定します。(例:10/1〜10/31に設定)

 

行動」-「サイトコンテンツ」-「すべてのページ」の順に進みます。すると、「記事ごとの平均ページ滞在時間や直帰率」を確認することができます。

 

ユーザーがどのくらいページを見ているのか?見た後は離脱してしまっているのか?を確認することができるので、

  • 平均ページ滞在時間が少なく
  • 直帰率が高い

記事を見つけて、リライトをしましょう。

 

リライトの方法はブログのリライトのやり方を4つの手順で解説【注意点やポイントも】にてわかりやすく解説していますので、あわせて確認してみてください。(わかりやすいと好評の記事です)

ブログのリライトのやり方を4つの手順で解説【注意点やポイントも】
ブログのリライトのやり方を4つの手順で解説【注意点やポイントも】

続きを見る

 

②:チャネルの流入をチェック

チャネルの見方

 

チャネルとは、「どこからサイトに流入があったのか」を示しています。

 

集客」-「概要」の順に進むとグラフを確認できまして、流入経路は4つにわかれています。

 

それぞれの意味合いは下記の通りです。

  1. Organic Search(オーガニックサーチ)- Googleなどの検索エンジンからのアクセス
  2. Social(ソーシャル)- SNSからのアクセス
  3. Direct(ダイレクト)- ブックマークからなど直接のアクセス
  4. Referral(リファラル)- 他のサイトに貼られたリンクからのアクセス

 

上記の割合を見て、自分のサイトはどこからのアクセスが多く、どこからが少ないのかを知ることができます。

 

Organic Searchが少なく、Socialからのアクセスが多い場合は、Organic Searchに対して改善策を打つ必要がある。

 

と、このように利用することができます。

 

さらに「集客」-「すべてのトラフィック」-「チャネル」に進むと詳しい数値が見れますので、実際に操作して確認してみてください。

チャネルの数値の見方

※塗りつぶしている部分に詳しい数値があります

 

まとめ

 

WordPressでGoogleアナリティクスを登録する方法と、アクセス解析に必要な箇所の説明をしました。

 

サイト運営を成功させるにはコンテンツを完成させたら終わりではなく、コンテンツの状態を確認しつつ、さらに良い状態にしてあげることが重要です。

 

Googleアナリティクスはサイトの健康診断ができるツールですので、日々チェックをして悪いところがないかお医者さんになったつもりで見てあげましょう。

 

改善に役立つツールは下記記事でご紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

≫ ラッコキーワードの使い方を解説します【キーワード選定に必須】

ラッコキーワードの登録方法と使い方
ラッコキーワードの使い方を解説します【キーワード選定に必須】

続きを見る

≫ ラッコツールズの使い方!他のサイトが丸見えに!【画像解説付き】

ラッコツールズの使い方!他のサイトが丸見えに!【画像解説付き】

続きを見る

≫ ブログ運営におすすめの便利ツール【厳選10個】

ブログアフィリエイト運営におすすめのツール
ブログ運営におすすめの便利ツール【厳選10個】

続きを見る

 

こちらで今回の解説はおわります。

  • この記事を書いた人

イスさん

WordPressブログの始め方・悩み・疑問をわかりやすく解説 | 収益9.4万円 | 2ブログ運営 | わかりやすさが好評

-ブログ, ブログの始め方