ブログ ブログの悩み

読みやすいブログ記事には型がある。【5つの鉄則&5つのコツ】

2021年7月7日

悩んでいる人
読みやすいブログを書くにはどうしたらいいですか?

 

こんにちわ、イスです。

 

ブログを書いていて『なんか自分のブログ読みにくいなぁ・・・どうしたら読みやすくなるんだろう』と悩んだことはありませんか。

 

それは「読みにくい型」でブログを書いているからです。

 

文章には【読みにくい型・読みやすい型】の2つが存在しており、ざんねんながら「読みにくい型」で書いている人がけっこう多いです。

 

せっかく文章力があるのに「型」のせいで記事が台無しになってしまってはもったいないです。

 

ということで、誰でも実践できる読みやすいブログの型と、書き方のコツをお伝えしていきますのでチャチャっと覚えちゃってくださいね。
イス

 

大前提:読者は記事の内容をしっかり読んでくれない

大前提:読者は記事の内容をしっかり読んでくれない

まずはじめにお伝えしたいのですが、読者は記事を隅々までよんでくれません。頑張って書いたあなたの記事もサラサラ〜と流し読みされることがほとんどです。

 

あなたのブログが読みにくかったら他のブログにいってしまうこともあります。だからこそ読みやすいブログ記事を書く必要があるわけなんですね。

 

というわけで、さっそくお伝えします。

 

「読みやすいブログの型」5つの鉄則

「読みやすいブログの型」5つの鉄則

下記の5つの鉄則を意識するだけでグンと読みやすいブログになりますので、ぜひ覚えてくださいね。

 

  1. 結論がはじめに書いてある
  2. 見出しに本文の答えがある
  3. 箇条書きがつかわれている
  4. 改行をつかい文間をとっている
  5. ブログカラーが3色でまとまっている

 

それぞれ説明していきますね。

 

①:結論がはじめに書いてある

 

いちばん大事なことですが、結論をはじめに書きましょう。

 

結論をあとまわしにすると『答え書いてないじゃん。別の記事見にいこう』と読者が離脱してしまいます。

 

読者がブログを最後までキッチリ読む事を想定して記事をかいているなら順番を逆にしましょう。

 

読みやすいブログは、「結論」がいちばん始めに書いてありますよ。

 

②:見出しに本文の答えがある

 

見出しは本文の答え(要約)を書くことが理想です。

 

本文を読まなくても、見出しを読めば悩みが解決するレベルで書くとグッド。

 

たとえば本にも「もくじ」がありますよね、もくじを読むと本文の内容があらかた想像できるように、書かれています。

 

読者がパッと見たときに、あなたの記事が読みやすいかどうかを判断する大事な部分ですので、手を抜かずにしっかり見出しを考えて書きましょう。

 

③:箇条書きがつかわれている

 

箇条書きは情報整理にとても便利です。

 

要点や要約を伝えるときは全部箇条書きにしてあげると段違いに読みやすくなります。

 

AとBとCなど、3つ以上の情報を書く時はかならず使うように心がけてください。

 

④:改行をつかい文間をとっている

 

改行をつかって文間に余白をもたせると、とても読みやすい文章の出来上がり。

 

明確なルールはありませんが、パソコンで見た時に4〜5行、スマホで見た時は2〜3行ごとに改行してあげるとグッと読みやすくなります。

 

一部、改行をせずにこのように文章を詰め込んで自分の体験談や考えをブログに書き綴る人もいますが、ハッキリ言って読みにくい上に読んでいる途中で飽きてきます。文章というより黒い塊がそこに存在しているような感じで読む前から億劫になってしまう印象を受けませんか?そんなに長くないこの文章ですら全部読み終わったあとにめっちゃ疲れますよね。

 

という感じです。

 

ということで、適度に余白をもたせているブログは読みやすいです。

 

⑤:ブログカラーが3色でまとまっている

 

デザインの話になりますが、3色でテーマカラーを決めると統一感があるように見えるため、ブログの読みやすさに影響します。

 

割合で伝えると以下の通りです。

 

  • ベースカラー:70%
  • メインカラー:25%
  • アクセントカラー:5%

 

厳密に上記のパーセンテージで割り振るひつようはありません。

 

ようは、たくさん色をつかうと読みにくいブログになってしまいますよ、ということです。

 

読みやすいブログの書き方のコツ

読みやすいブログの書き方のコツ

漢字(2)・カタカナ(1)・ひらがな(7)の比率にしよう

 

読みやすいブログにするために大事なのが、漢字やひらがなの比率(バランス)です。

 

カッコ内の数字は理想の比率をあらわしています。

 

といっても、ぶっちゃけ上記の比率を意識しながらブログを書くのはむずかしいと思います。

 

かんたんな解決方法としては、難しい漢字をひらがなに変えてあげるだけでOKです。

 

たまに、おとなでも読めない漢字とかあったりしますよね、所謂(いわゆる)とか、推敲(すいこう)など。

 

よく使うことばを漢字からひらがなに変えるだけで、グッと読みやすくなりますので実践してくださいね。

 

文字装飾はほどほどに

 

文字装飾とはこのように強調させたり、重要な部分を伝えたいときにつかう表現です。しかし使いすぎは厳禁です。

中学生の参考書みたいにあらゆる文章にマーカーが引かれていたり重要な部分でもないのに赤文字にして強調すると読みにくい上に嫌悪感さえでてきます。

 

各見出しに1行か2行程度におさめたほうが読みやすくなりますので、本当に強調したい文章以外は装飾をひかえましょう。

 

簡単・簡潔にせつめいする

 

文章を書くときは、だれにでもわかるように簡単、簡潔にせつめいしましょう。

 

まわりくどい書き方はせず、ストレートに伝えます。

 

自分の体験談やレビューなどを書くときにも、ムダなことを書いていないか?説明が多すぎないか?など注意してみましょう。

 

専門用語はつかわない

 

専門用語の使用はなるべく避けましょう。

 

というのも、専門用語がでてくると途端に文章が理解できなくなります。

 

ブログの成長に大事なのはアクセス数とCTRとCVR、これによりASPの特単交渉が〜・・・なんて言われても、初心者ブロガーにとっては、(´・ω・`)?って感じですよね。

 

よく小学生にもわかる文章で書け、と言われているので専門用語は極力つかわずに外部リンクをはって案内してあげたりすると良いですね。

 

ですですマンにならない

 

わりと多いのが「ですですマン」です。

 

文章の語尾がです、で終わっているんです。なんでもですにしてしまっているんです。こんな感じです。
イス

 

すると文章が単調になってしまい、読者としてはつまらなく単調な文章と感じ離脱されてしまいます。

 

ですですマンにならないためには、同じ語尾を2回連続で使わないようにすること。

  • です
  • でしょう
  • でした
  • ですか
  • ですね
  • します
  • しました

 

上記のように語尾の種類を上手に使い分けると、読みやすくなり読者の心をつかむ事ができます。

 

さらにブログを読みやすくする為のエッセンス

読みやすくするエッセンス

 

鉄則と書き方のコツを解説させていただきましたが、さらに読みやすくするためのエッセンスをお伝えします。

 

フォントの変更をする

 

フォントは文字のデザイン・字体のことです。

 

ちいさな事ですが、フォントの違いでブログの読みやすさは変わります。

 

初期設定のままでも問題ありませんが、読みやすく疲れないフォントがありますので、以下のいずれかに変更しておけばバッチリですよ。

 

  • 游ゴシック:線が細めのキレイなフォント
  • Noto Sans JP:少し丸みがあるハッキリしたフォント(当ブログで使用)
  • kosugi:丸みがあり細めのフォント

 

上記フォントはGoogle Fontsから取得できますので、実際にアクセスして確認してみてくださいね。

 

プロブロガーのマネをする

 

ブログで収益をあげて生活している人の文章ですから、本記事で解説した内容はすべて含まれています。

 

丸パクリはNGですので、文章のながれや、漢字とひらがなの比率などを注意しながらマネしてみてください。

 

僕自身もマナブさんやTsuzukiさんのブログを読みあさり、ひたすらマネしていました。なので僕のむかしの記事は彼らの口調がよく出ています。
イス

 

ということで、読むだけでは身につかないので実践を忘れずにしましょうね。

 

読みやすい文章を書けるようになる本の紹介

 

「ブログ運営におすすめの本」という記事内でもご紹介していますが、文章力を鍛えるなら下記の本がピッタリです。

≫ ブログ運営におすすめの本をご紹介【実際に読んだ良書7冊】

 

 

 

上記の2冊だけあれば、ブログに必要な読みやすい文章力は確実につきますので、何冊も読む必要はないです。

 

まとめ:読みやすいブログの型をおぼえて実践していこう

 

最後にもう一度、読みやすい型とコツを振り返ります。

 

読みやすい型5箇条

  1. 結論がはじめに書いてある
  2. 見出しに本文の答えがある
  3. 箇条書きがつかわれている
  4. 改行をつかい文間をとっている
  5. ブログカラーが3色でまとまっている

 

書き方のコツ5つ

  1. 漢字(2)・カタカナ(1)・ひらがな(7)の比率
  2. 文字装飾はほどほどに
  3. 簡単・簡潔にせつめい
  4. 専門用語はつかわない
  5. ですですマンにならない

 

上記の内容を意識しつつ、今後はブログ記事をかいてみましょう。

 

よくあるブログの悩みついては下記カテゴリーにて対処法を解説にしていますので、あわせてチェックしてみてください。

≫ ブログの悩みカテゴリーを見てみる

 

おわりです。

  • この記事を書いた人

イスさん

会社員10年超え→脱サラ→2021年8月にフリーランスへ転身 | ブログの疑問や悩みを解決できる情報をお伝えしています | 長野県出身 | 30代

-ブログ, ブログの悩み