アフィリエイト

アフィリエイトの失敗例12個【初心者にありがちな特徴】

2022年2月3日

アフィリエイト失敗例
悩んでいる人
アフィリエイトで失敗しないためには何をすればいいですか?成功するためのポイントがあれば教えてほしいです。

 

本記事では、このような疑問について回答します。

 

プロフィール画像

 

本記事の内容

  • アフィリエイトの失敗例12個
  • アフィリエイトで成功するポイント

 

「アフィリエイトで稼ごう!」と気合を入れて始めたのはいいものの、まったく稼げず失敗してしまった経験はありませんか?

 

アフィリエイトで成果が出ない時は「成功ポイントを上手に抑えていないのが原因」かもしれません。

 

本記事では、アフィリエイトの失敗例と成功するために大事なポイントについて解説していきます。

 

最後まで読んでいただき、アフィリエイトで稼げるようになってくださいね。

 

アフィリエイトの失敗例12個

アフィリエイトで失敗してしまう原因を事例別に解説

 

アフィリエイトで失敗してしまう原因を12個にまとめました。

 

もし当てはまっているものがあれば、改善してみましょう。

 

  1. 簡単に稼げると思っている
  2. サイト設計をしていない
  3. 必要なツールを導入していない
  4. 経験や知識がないジャンルを選んでいる
  5. 興味がないジャンルを選んでいる
  6. 報酬が低いジャンルを選んでいる
  7. アフィリエイトに商材がないものを選んでいる
  8. 報酬単価の高さで案件を選んでいる
  9. 知名度や認知度が低い案件を選んでいる
  10. レッドオーシャンで勝負している
  11. YMYL系統の記事を書いている
  12. ロングテールキーワードで記事を書いていない

 

①:簡単に稼げると思っている

 

アフィリエイトブログを始める人の多くは、簡単に稼げると思ってスタートする人が少なからずいます。

 

しかし、アフィリエイトはそう簡単に稼げるものではありません。

ひと月のアフィリエイト収入×アフィリエイトを開始してからの年数

出典:アフィリエイトマーケティング協会

 

上のグラフの通り、アフィリエイトを始めてから1年未満の人はほとんど収入はありません。本気でアフィリエイト稼ぐにはある程度の継続が必要なのです。

 

アフィリエイトで稼げている人の割合は、下記記事にてさらに詳しく紹介していますのでご覧ください。

≫ アフィリエイトで稼げない割合はどのくらい?【稼ぐ秘訣は継続にあり】

 

②:サイト設計をしていない

 

アフィリエイトで失敗する原因のひとつに、サイト設計をしていないことが挙げられます。

 

サイト設計とは、わかりやすく伝えると「収入の基盤となる収益記事を決めて、そこに向けて集客記事を増やす施策のこと」をいいます。

 

厳密には違いますが、上記のように「アフィリエイトで稼ぐための準備をきちんとしておくこと」を、サイト設計だと考えてください。

 

僕も2020年に初めてブログを立ち上げてアフィリエイトを始めましたが、サイト設計を知らずにスタートしたので数ヶ月はまったく稼げませんでした。

 

しかし今はサイト設計を見直して運営方法を変更したため、毎月アフィリエイト報酬が発生するようになっています。

 

アフィリエイト初心者は知識やスキルがないのが当たり前ですが、サイト設計について少しでも知っておくと失敗を回避することもできますので、覚えておきましょう。

 

③:必要なツールを導入していない

 

アフィリエイトに必要なツールは色々ありますが、これらを利用せずにアフィリエイトで成功するのはほぼ不可能です。

 

たとえば、WordPressのデザインテーマAFFINGER6や、ランキングチェックツールのRank Trackerは必須です。

 

ブログの見た目を整えることができたり、自動でデータを計測したりすることができるので、必要最低限のツールに初期投資をすると運営が楽になります。

 

ぶっちゃけここをケチると稼げないと思います。

 

もしツールの費用がネックなら、アフィリエイトのセルフバックを利用してお金を回収する方法もあります。

≫ セルフバックのやり方と稼げるオススメ案件【注意点もお伝えします】

 

僕の収益を増やしてくれたツールは、下記記事にてご紹介していますので参考にご覧ください。

≫【僕の収益を増やした】ブログ運営におすすめの便利ツール【厳選10個】

 

④:経験や知識がないジャンルを選んでいる

 

アフィリエイトのジャンルを選ぶ際に、経験や知識がないものを選んでいないでしょうか。

 

ぶっちゃけ経験や知識がないものを選ぶと失敗する可能性が高くなりまして、その理由は、浅い知識しか持ち合わせていないからです。

 

たとえばあなたが、サッカーの経験や知識がないのまったくないにも関わらず「このサッカーボールが1番使いやすいですよ」と紹介してもまったく説得力がありませんよね。

 

反対に、小学校からサッカークラブに所属していて15年以上サッカーを続けている人が、蹴りやすいサッカーボールを紹介したらめちゃくちゃ説得力がありますよね?

 

なので、アフィリエイトジャンルを選ぶ時は「自分の経験や知識がないジャンルを選ばないこと」で失敗を避けることができます。

 

⑤:興味がないジャンルを選んでいる

 

アフィリエイトの商材は美容品から電化製品、インターネット回線などさまざまです。

 

初心者の人に多いのですが、報酬額の高さに目が眩んで興味がないものを選んでしまうと失敗します。

 

なぜなら、興味がない商品の記事を書くほど苦痛でつまらないことはなく、良い記事は書けないからです。

 

たとえば、あたなは髪の毛がフサフサなのにも関わらず、人生で一度も使ったことのない育毛剤の記事を書くことができるでしょうか?

 

たぶん書けたとしても、めちゃくちゃつまならいし、説得力も信憑性もない記事ができあがります。それに加えて興味がないジャンルを選んで書いているので、苦痛な時間を味わうことになると思います。

 

なので「自分が興味のあるジャンルを選ぶこと」が、アフィリエイトで失敗しない大事なポイントです。

 

⑥:報酬が低いジャンルを選んでいる

 

こちらも初心者い多いのですが「報酬額が低いジャンルを選んで消耗しているケース」です。

 

どういうことかと言うと、アフィリエイトの成果報酬が低くていくら売ってもまったく稼げないということです。

 

よくあるパターンのひとつに「書評ブログ」がありまして、おすすめの本を紹介して成果報酬を稼ぐアフィリエイトですね。

 

書評はわりと売れやすいため、初心者でも始めやすいのですが報酬額が売り上げの3〜5%ほどでして、1冊本が売れても成果報酬としては大体30円〜100円くらいです。

 

書評ブログを批判するわけではありませんが、報酬が低いジャンルを選んでしまうと数をこなさないと稼げなくなってしまうので、体力的にもキツくなり挫折してしまう可能性があります。

 

ジャンル選びをきちんとすることで自分の労働時間を減らして効率よく稼ぐことができるので、失敗を回避するためにもこういったケースがあることを覚えておくといいですよ。

≫ アフィリエイト案件の選び方と稼ぎやすいケース【秘密のポイントも】

 

⑦:アフィリエイトに商材がないものを選んでいる

 

アフィリエイトで収益をあげるには、自分の紹介したい商品がアフィリエイトで扱われているかどうかを事前に調べておきましょう。

 

なぜなら、商品がアフィリエイトにない場合があるからです。

 

記事を書き終わった後に、いざアフィリエイトで商品を紹介しようとしたところ「商品が無い…」と困ってしまう初心者の方がわりと多くいるので注意です。

 

アフィリエイトで記事を書く順番は

  • ①商品がアフィリエイトであるか調べる
  • ②あったら記事を書く

ですので、順番を間違えないように気をつけてください。

 

無駄な時間を使わないためにも、事前リサーチを十分にして失敗を回避しましょう。

 

⑧:報酬単価の高さで案件を選んでいる

 

アフィリエイトで大きく稼ぐには成果報酬が高い案件を選ぶことが大切ですが、報酬の高さだけで選んでしまうと失敗の原因につながってしまいます。

 

なぜなら、報酬単価の高い案件は他の人も同じ広告を掲載するので、必然的にライバルが多くなるからです。

 

ライバルが多くなるとその分競合が増えるわけですので、案件を成約させるためには相当な努力が必要になります。

 

つまり、並大抵の努力では案件を成約させることが難しいため、途中で挫折してしまう場合があるということですね。

 

ある程度アフィリエイトのスキルがある人であれば、高単価案件でも容易に成約させることができるかもしれませんが、初心者の人は初めから高単価案件に挑むのはおすすめしません。

 

⑨:知名度や認知度が低い案件を選んでいる

 

世間一般的に知名度や認知度が低い案件を扱うと失敗してしまう場合があります。

 

なぜなら、知られていないことが原因でユーザーが不信感を抱く原因になる場合があるからです。

 

たとえば「スポーツ時の飲み物は?」と聞かれたら多くの人は「アクエリアス」を思い浮かべるでしょうし、「英語のテストといえば?」と聞かれたら「英検」や「TOEIC」と回答する割合が多いはずです。

 

「みんなが知っているもの」は、みんなが知っているというだけで信頼性につながるので、案件を選ぶ時はなるべく世間一般的に知られている商品を選ぶことがベターだと覚えておきましょうね。

 

⑩:レッドオーシャンで勝負している

 

アフィリエイトのレッドオーシャンとは「競合が強く、ライバルの参入が多いジャンル」のことを指します。

 

たとえば、以下のようなジャンルはレッドオーシャンと呼ばれています。

  • 株・FX
  • 転職・求人
  • プログラミング

こういったジャンルに参入して収益をあげるためには、それ相応の知識や経験がないとほぼ稼げません。

 

アフィリエイトで失敗したくないのであれば、上記のようなレッドーシャンジャンルは避けた方が賢明です。

 

そして、アフィリエイト初心者が手堅く稼ぐには「ニッチジャンル」で攻めることが最も効率的ですので、下記記事を参考に調べてみてください。

≫ アフィリエイトの穴場ジャンルを厳選!【初心者でも稼げるニッチジャンル】

 

⑪:YMYL系統の記事を書いている

 

YMYLとは「Your Money Your Life(お金や健康に関するコンテンツ)」のことを指しています。

 

人の財産や健康に影響を与えるコンテンツに対するGoogleアルゴリズムが変更されたため、個人ブロガーがYMYL系統のジャンルで稼ぐのは厳しくなりました。

 

なぜなら、医療関係の資格を保持している人や、お金の知識にまつわるスペシャリストなど権威性を持つ人が発信する情報が優遇されるようになったためです。

 

簡単に言い換えると「一般人が根拠も無しに書いた記事は信憑性に欠ける」という意味になります。

 

Googleのアルゴリズムのひとつには「E-A-T」という評価基準があり、以下のようにその概念がわけられています。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

 

これらはWebページを評価するための基準となっているため無視することはできません。

 

SEOにおいて、上記「E-A-T」は大事な評価軸になりますので、これらをないがしろにしてコンテンツを充実させたとしても成功するにはかなり期間を要するでしょう。

 

ちなみにYMYLは、近年話題に上がっている

  • NFT
  • 仮想通貨(暗号資産)

も含まれます。

 

金融関係はアフィリエイトの成果報酬が高額なためブロガーに人気ですが、初心者がアフィリエイトの報酬を目的に仮想通貨界隈に手を出してしまうと、悲惨な結果になりかねませんので注意してください。

 

⑫:ロングテールキーワードで記事を書いていない

 

ロングテールキーワードとは、いくつかの複数後から検索される言葉のことです。

 

たとえば「ラーメン 美味しい店 福岡」や「東京 30代 おすすめ デートスポット」などがロングテールキーワードです。

 

ロングテールキーワードは、検索するユーザーの意図が明確なため、アフィリエイトで収益が発生しやすいキーワードとして知られています。

 

アフィリエイトで失敗する人は、ロングテールキーワードで記事を書いていないことが多いので覚えておきましょう。

≫ ロングテールキーワードとは?探し方や選び方をわかりやすく解説!

 

アフィリエイトで成功するためのポイント3つ

アフィリエイトで成功するためのポイント

 

アフィリエイトで成功するためのポイントを解説します。

 

  1. 稼げるジャンルを見極める
  2. 読者ニーズを理解する
  3. PV × CTR × CVRを理解する

 

①:稼げるジャンルを見極める

 

アフィリエイトで稼ぐためには、稼げるジャンルを見極めることも必要です。

 

アフィリエイトをスタートしたら出来るだけ早く稼ぎたいですし、時間も有限ですから効率よく稼げるジャンルをきちんと選びましょう。

≫ アフィリエイトの穴場ジャンルを厳選!【初心者でも稼げるニッチジャンル】

 

②:読者ニーズを理解する

 

アフィリエイトの案件を成約させるためのテクニックにて「読者のニーズを把握すること」が重要です。

 

はじめのうちは少し難しいかもしれませんが、早いうちにニーズについて見識を深めておくと大きく成長することができますので、下記記事を読み込んでみてくださいね。

≫ 顕在ニーズと潜在ニーズの違いや調べ方をわかりやすく解説!

 

③:PV × CTR × CVRを理解する

 

アフィリエイトの収益は、PV(ページビュー) × CTR(クリック率)× CVR(成約率)× 報酬単価 = 収益 と方程式が決まっています。

 

PVが少なかったり、CTRが少なかったり上記のどこか1つが欠けてしまうと、アフィリエイトで稼ぐことは難しいのできちんと覚えておきましょう。

 

まとめ

 

アフィリエイトの失敗例について紹介しました。

 

本記事で当てはまる項目があれば、見直しつつ改善して成功に近づけるように頑張りましょう!

 

人気記事

≫【42枚の画像で説明】Rank Trackerの使い方・料金を解説!

≫ アフィリエイトは今から始めても遅い?後発でも稼ぐ方法あります

≫ アフィリエイトの報酬単価を一覧で調べる方法【賢く稼ぐ】

≫ AFFINGER6レビュー1年使った感想【豪華特典付き】

  • この記事を書いた人

イスさん

34歳で脱サラしフリーランスへ転身 | 7ヶ月で月収60万を達成したWebライターの始め方・ブログの悩みや疑問をわかりやすく解説しています | 挑戦は何歳からでも遅くない

-アフィリエイト