ブログ ブログで使える便利ツール

超簡単!ブログでサイトマップを作る方法を解説します【2つのプラグインのみでOK】

2021年6月1日

超簡単!ブログでサイトマップを作る方法を解説します【2つのプラグインのみでOK】
悩んでいる人
ブログの開設が終わったら、サイトマップを作成したほうがいいと聞きました。どうやって作ったらいいですか?

 

このような疑問についてお答えします。

 

本記事の内容

  • サイトマップとは
  • サイトマップ作成に必要なプラグイン2つ
  • サイトマップの作り方

 

サイトマップは、Webページのリンクを見やすくまとめた総称のことを指します。

 

ブログも1つのWebサイトですから、設定の必要があります。

 

サイトマップを設定するとSEOの効果も期待できますので、本記事を見つつ設定しちゃってくださいね。

 

それでは、早速解説していきます。

 

サイトマップとは

サイトマップとは

 

サイトマップとは、ブログ内にある記事ページをまとめたもの。

 

設定しておくことで、あなたのブログの評価が上がります。

 

サイトマップには種類が2つあるので、それぞれ解説していきますね。

 

 

2種類のサイトマップについて

 

サイトマップは以下の2種類があります。

 

  • XMLサイトマップ
  • HTMLサイトマップ

 

ひとつずつ、説明しますね。

 

XMLサイトマップ(クローラー用)

 

XMLサイトマップは、ブログを巡回している機械(クローラー)に認識をしてもらうための役割をもちます。

 

クローラーに認識してもらうことで、あなたの記事を正しく検索エンジンに表示させたり、また表示が早くなったりという効果があります。

 

サイトを早く認識してもらうことによって、SEOの効果が期待できるということです。

 

HTMLサイトマップ(ブログに訪れる人用)

 

HTMLサイトマップは、ブログ内の記事コンテンツをわかりやすくまとめたもの。

 

ユーザビリティや利便性の向上につながるので、導線の確保やサイトコンテンツを認識してもらうのに役立ちます。

 

 

サイトマップを作成するプラグイン2つ

サイトマップを作成するプラグイン2つ

ブログで必要なサイトマップは以下の2つです。

 

①:Google XML Sitemaps(クローラー用)

②:PS Auto Sitemap(ブログに訪れる人用)

 

それぞれ詳しく解説しますね。

 

①:Google XML Sitemaps(クローラー用)

 

Google XML Sitemapsは、クローラー用のサイトマップを作成できます。

 

下記画像のプラグインをインストールして有効化しましょう。

グーグルサイトマップ

Google XML Sitemapsのプラグイン

 

②:PS Auto Sitemap(ブログに訪れる人用)

 

PS Auto Sitemapは、ブログに訪れる人に向けたサイトマップを作成できます。

 

こちらも、下記画像のプラグインをインストールして有効化しましょう。

PS Auto Sitemap

PS Auto Sitemapsのプラグイン

 

 

ブログでサイトマップを作る手順

ブログでサイトマップを作る手順

 

それぞれのサイトマップのインストール・有効化ができたら、サイトマップを実際に作成していきましょう。

 

①:Google XML Sitemapsの作成手順

グーグルサイトマップ

XMLサイトマップの手順は以下の2ステップです。

 

  1. HTML形式のチェックマークを外す
  2. Googleサーチコンソールに登録する

 

①:HTML形式のチェックマークを外す

 

「設定」→「XML-Sitemap」の順番で進み、「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックマークを外して保存します。

 

 

②:Googleサーチコンソールに登録する

 

次にGoogleサーチコンソールの「サイトマップ」の項目に登録(送信)しましょう。

 

URLの入力欄にsitemap.xmlsitemap.xml.gzfeedの3つをそれぞれ入力して送信します。

 

※1度に入力せずに、1回ずつわけて合計3回送信しますよ。

 

 

つまづきポイント

画像のようにエラーが出て送信できない時は、時間をおいて再度送信してみてくださいね。

 

以下の通り、僕自身も1日置いてから再度送信したところエラーが解消されましたよ。

 

 

 

②:PS Auto Sitemapの作成手順

PS Auto Sitemap

では、次にHTMLサイトマップを作成しましょう。

 

HTMLサイトマップの手順は以下の2ステップです。

 

  1. 固定ページでサイトマップ用のページを作成
  2. コードをPS Auto Sitemapに貼り付けて保存

 

①:固定ページでサイトマップ用のページを作成

 

固定ページの作成後に、以下のコードを記入しましょう。

 

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

 

グーテンベルクの方は「ショートコード」というブロックを追加してコードを入力。

Classic Editorを利用している方は、HTMLモード(テキスト)でコードを記入しましょう。

 

入力を終えたら、固定ページのIDをメモしてください。

 

編集画面のURLに表示されている数字の部分です。

 

②:コードをPS Auto Sitemapに貼り付け

 

先ほどメモしたコードをPS Auto Sitemapの「サイトマップを表示する記事」に貼り付けます。

 

続けて、「先に出力するリスト」を「固定ページ」に設定し、保存しましょう。

 

 

以上で、HTMLサイトマップの設定完了です。

 

完成すると、以下のようにHTMLサイトマップが作成されますよ。

 

HTMLサイトマップ作成後の画像

 

画像のように表示されていればOKです。

 

 

まとめ:サイトマップは重要!早めに作成しておこう

まとめ:サイトマップは重要!早めに作成しておこう

 

ブログでサイトマップを作る方法について解説しました。

 

検索エンジンにも読者にも優しいサイト作りを心がけて、より良いブログを作っていきましょう!

 

最後に、今回ご紹介したプラグインも含め、ブログの運営に役立つプラグインをまとめた記事をご紹介して終わりにします。

≫ ブログ表示速度を落とさないプラグイン7つをご紹介【94点の僕が解説】

 

今回はここまでです。

 

  • この記事を書いた人

イスさん

会社員10年超え→脱サラ→2021年8月にフリーランスへ転身 | ブログの疑問や悩みを解決できる情報をお伝えしています | 長野県出身 | 30代

-ブログ, ブログで使える便利ツール